2008年9月22日月曜日

手塚治虫: バンパイヤ


バンパイヤを思い返してパッと出てくるのは
水谷豊氏が主演されたテレビドラマの微かな記憶と
敵役のロックという人物は、果たして「バンパイヤ」だったのだろうか?
という疑問。

人の住む界隈にバンパイヤが住む

このテーマで描かれた物語や作品は数多くある

迫害や差別もさることながら
自分を隠そうとするその姿勢を
ピクンと嗅ぎつけ
その弱みにつけこむ輩など世の中にごまんといそうだが
この作品にもそういう輩が出てくる

その人物が、ロックだったと思う。

手塚作品の面白いところは
登場人物が姿形と名前だけ保ったまま
別の作品で別の役柄を担うことがある

火の鳥を読むと
そのことが良くわかるような
そんな感覚になるのだが
それはあたかも役者が舞台毎に演じる役が違っていくように
作品ごとに
ロックも色々な顔で登場し、去っていく

生まれ変わり
なのかもしれない
名も姿形もそのままに
違う時代、違う次元、異なる場所へと
神様、手塚治虫が輪廻の輪にのせたのかもしれない

脇がね
面白いのだよ
手塚作品はね(^^

あ、違った
脇も、だ
脇役も主役も出てくる人物や動物、静物
全部が面白い

それはたぶん
神様が愛情込めて生んだからだろうなと
少し大袈裟に
言い切ってみる。



0 件のコメント: