2008年10月14日火曜日

漫画家:椎名高志


椎名高志

GS(ゴーストスイーパー)美神極楽大作戦でのハチャメチャなくせにいやらしすぎず、むしろあからさまな男の性(サガ)を描いた上に、オカルトをこの上なく上質(?)なビジネス(?)に描いた才能には感服の感が尽きない。

MISTERジパングでは戦国の覇者、織田信長と豊臣秀吉(?)の青春をこれまた、力いっぱいに捏ね上げ、更には超能力や平行世界、はたまた時間移動とこれでもかこれでもかの素晴らしいストーリーを魅せてくれる。

煩悩の力も方向性さえ間違わなければ、えてして素晴らしい業績へとつながるんだなぁ・・・と真面目に言ってみようかとも思ってみたが、読み終ったあとにのこるニンマリとした後味の良さはなんとも言いがたい、満腹な抱腹絶倒感であると言って煙に巻いておくほうがいいような気もする。

とにかく
ウンチクなしに読め。

そういう漫画の漫画らしい、気楽に読んで笑い転げられる作品の数々。の作者。

0 件のコメント: